top of page

あけましておめでとうございます。


皆さま、新年明けましておめでとうございます。

丘峰喫茶店では、年末にお世話になっている方々と餅つきをしました。 おなじみ羽二重餅のほか、近江塩津で古代米を育てている方から、緑米、赤米、香り米といった珍しいもち米の差し入れがあり、全部で20升のお米を薪を焚いて、かまどで蒸すところからスタート。 大音の家主さんのお宅に代々伝わるケヤキの一本作りの臼も、久々の出番に嬉しそうです。 いつ終わるのかな〜と少々不安になるほど大量でしたが、行いなどの神事で餅つきには手慣れた男性陣の活躍により、お昼過ぎには柔らかくて美味しいお餅が完成しました。 女性陣は、おしゃべりを楽しみながら、ハマグリ餅を整えたり、鏡餅を作ったりしましたよ。

お昼ご飯には、みんなでつきたてのお餅をたらふく食べました。 今秋収穫した小豆を炊いたあんこに、きな粉、畑から採りたての大根で雷餅。 2月に仕込んだお味噌も、この日に樽明け!

里芋や白菜をたっぷり入れて作ったお味噌汁に、お餅を入れて食べるのも贅沢です。

はい!はい!と掛け声をかけながら、息を合わせるのが大切です。

ついたお餅は、かき餅や、のし餅にして、みんなでお持ち帰りしました。

我が家は冷凍保存。のんびりナガ〜く楽しみたいと思います。

火鉢で焼くと、美味しそう。お餅と一緒に、幸せも膨らみます。

さて、年も明けたし、そろそろ、味噌の仕込みを始めなくちゃ。 まずは、栗東市の料理研究家のもんぺおばさん(中井あけみさん)に習った方法で、

もやし(麹の種)から、米麹を仕込みます。

無事仕込みができたら、またご報告します。できるかな〜。


Featured Posts
Check back soon
Once posts are published, you’ll see them here.
Recent Posts
Archive
Search By Tags
No tags yet.
Follow Us
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
bottom of page