丘峰喫茶店(能美舎)

〒529-0431 滋賀県長浜市木之本町大音

​TEL 080-2079-4692

木桶のふなずし 格別の味

December 13, 2018

 

 湖国に暮らし始めて増えた楽しみのひとつが「ふなずし」。最近では「水を張らないふなずし」の作り方が広がっています。水を変えずに済み、匂いが気にならない手軽さからか、住宅街などに住む現代人の暮らしに作り良いと評判で、私も5年前にその方法を習い、毎年土用の時期に漬けて、正月頃を目安に開けるのが楽しみになっています。

 先日、西浅井町にあるふなずし専門店「魚助」のふなずしの樽開きに立ち会わせていただく機会に恵まれました。魚助のふなずしは、重石を載せて水を張り、その水をこまめに変えながら発酵させる昔ながらの作り方。

 代表の松井俊和さんは10年前、「昔ながらの作り方を極めた日本一のふなずしを作りたい」と、「木桶」でふなずしを漬けるため、現代では希少となった木桶職人を探し出して秋田まで出かけ、専用の樽を作ってもらったそうです。初年度は木の香りの強さに驚きましたが、だんだんと味が馴染み、年を追うごとに美味しくなったと言います。

 ふなずし初心者の私は「匂いが気になるのかな」と勝手に想像していましたが、まず飯をいただいてびっくり!甘酒のような芳醇な香りと濃厚な甘み、まるで上等なお菓子。鮒は柔らかく、フルーティーなチーズのような味わいです。桁違いの美味しさに思わずお代わりをおねだり。来夏の弟子入りを志願してしまいました。(2018年12月・朝日新聞滋賀版)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags