丘峰喫茶店(能美舎)

〒529-0431 滋賀県長浜市木之本町大音

​TEL 080-2079-4692

移り変わる村の暮らし 学んでつなぐ

June 7, 2018

 

 奥琵琶湖の最北端、長浜市西浅井町菅浦で開かれた村歩きに参加しました。案内役は、専業漁師の長澤康博さんと、料理旅館のご主人岩佐達己さん。二人は1951年生まれの同級生。かつて船しか交通手段がなく「陸の孤島」と呼ばれた時代から、道路開通や琵琶湖の埋め立てなど、時代ともに変わる古里の景色を見てきました。

 印象に残ったのは、かつての暮らしの跡。遠くの田から船で運んできた稲を干したという稲場跡や、湖から生活用水をくみ上げるために使ったという小さな桟橋。浜の船溜まり跡で岩佐さんが「いつも村人の船で混み合っていた」と語ると、長澤さんが「漁師は誰より早く湖に出られるように沖に錨を入れて停めていた」と思い出します。村人が協働で作業したというみかん畑や、昆布巻きの作業場跡、今も稼働するヤンマーの家内工場など、時代ごとに生業を変え、たくましく生きてきた村人たちの光景が、話を聞く私の目にも浮かぶようでした。

 今回の企画をしてくれた長澤さんの長女の由香里さんは「菅浦に関心を寄せてくれる人と地元の人が出会うことで、お互いの暮らしている場所を大切に思い合うことができれば」と語ります。住むところがコロコロと変わる根無し草だった私にとって、古里を大切に思う気持ちは憧れのようなもの。先達の暮らしを学び、今を大切に生きることで、いつかこの暮らしに郷愁を持つことができるといいな。(2018年6月・朝日新聞滋賀版)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags