丘峰喫茶店(能美舎)

〒529-0431 滋賀県長浜市木之本町大音

​TEL 080-2079-4692

冬至には「ん」のつく食べ物を食べよう

December 13, 2018

 

 冬至には「ん」のつく食べ物を食べると良いと言います。湖北では「砂おろし」といって、この時期に1年間で体内にためた良くないものを出すために、こんにゃくを食べる習慣があるそうです。
 原料のこんにゃく芋はサトイモ科の球茎で、春に植えて秋に収穫します。「生子」と呼ばれる種芋を植えて1年目は拳くらいの大きさです。それを3~4年、植えて収穫してを繰り返し、写真のような重さが1㌔ほどある大玉に成長します。イノシシも手をつけないほどアクが強烈で、獣害の心配はありません。
 加工には、大玉に成長した芋を使います。肌の弱い人は素手で触るとかぶれてしまうので、手袋を着けて作業をします。こんにゃくの作り方は色んな方法があるそうですが、私が教わった方法は簡単。
 生芋400㌘をミキサーにかけ、2㍑の湧き水と一緒に煮込みます。かき混ぜたときに鍋の底が見えるくらい固まってきたら、炭酸ソーダを加えて一気に混ぜあげ、型に流し込んで固めます。一晩置き、沸騰させた湧き水で1時間ほどアク抜きをすれば完成です。
 私は出来立てを刺し身にして、手作りの柚子味噌をつけて食べるのが好き。でも、寒い日にはやっぱりおでん。畑から大根を抜いてこようかな。皆さんも「ん」のつく物をたくさん食べて、温かく過ごしてくださいね。(2018年12月・朝日新聞滋賀版)
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags